お道具のこと・・・・第一弾

いよいよ夏も本番。
パリも毎日30度を超えるというのに冷房不完備の
家庭がほとんどではないでしょうか?
自慢ではないですが我が狭きアトリエも不完備!
おまけにアトリエ夏休みも迫っているので
午前、午後のレッスンともに満員御礼でございます。
窓は全開、ハロゲンランプも消して自然光のみで
がんばっていますが、皆さん無駄なおしゃべりの
余力無しといった感じで頑張っています。
とにかく 暑い~!
さて、毎回お道具について色々ご質問がございましたので
My favorite道具をご紹介いたします。
IMG_0393.jpg
まずは糊。
カルトナージュ用の糊を使用していますが気に入った糊は
延びが良いこと、とろりとしていないリキッド状の物。
あまり匂いがないこと。
日本に入っているフランス某画材専門店の高額の糊は私自身は
好みではありません。
お薦めは LA THEIERE DE BOISの EASYCOL COLLE またはVINYLIQUE。
昨年春過ぎにMAGICOLという製品が登場し、お店のおじちゃんに絶賛されて
利用してみましたが余りにリキッド過ぎて持余しちゃいました。
接着力はかなり強力でしたが・・・・・
はさみはフィンランド製のFISKARS CLASSIC 13CMは必需品。
シャープな刃先、フィット感、耐久性抜群です。
日本ではきっと優れたはさみがあるんだろうな~と思っていますが
意外と日本からいらっしゃった方にもほめられます。
糊刷毛?筆?
刷毛ではなく油絵用の平筆を利用しています。
フランス製のラファエル社の 豚毛 またはコリインスキー毛の
シルク加工のもの。
弾力があり、のりを吸収しすぎず、毛先も自然なので糊も
塗りやすいです。小さいサイズから号数何本かあると便利です。
但し、中性洗剤で洗わないこと!マルセイユ石鹸、植物性の
自然のもので洗ってあげましょう。