先日、パリの老舗パティスリーLaduree(ラデュレ)で一日を過ごす
チャンスに恵まれました。
知り合いのシネマキャスティング会社から連絡があり、
ラデュレのサロン・ド・テでお茶する日本人ツーリスト役の依頼があり・・・・違う違う~!
暇だったらバイトしないか?程度ですが
どんな映画かも聞かず、お茶するだけ♪なら行く行くぅ~と簡単に決め、
人生約半分過ぎたところで女優デビュー果たしました????
な~んてカットされてもよろしいような、かすかに物体が居る程度の存在役で
仕事としては待ち時間8時間、撮影参加時間20分とお気楽なバイト、
おまけに途中休憩で振舞われたプラトー山盛りのマカロンをほおばりながら、
のんびりと読書しながら店内観察。
そうそう、映画は≪tresor≫ お宝という意味のタイトル映画です。
巨匠 故CLAUDE BERRI 監督が撮り始めた作品らしいのですが
今年1月半ばに帰らぬ人となり(フランスでは大騒ぎでしたね!)
副監督を務めていた名前は忘れましたが、その方が意を継いだ作品だと
現場で教えていただきました。
images cb
CLAUDE BERRI
主役級はTRESORなるブルドッグ。ペットにお犬様を連れた
スノッブな人々の人間模様コメディ。
撮影場所はRUE BONAPARTEと洒落た骨董屋やショップが点在する通りとLaduree。
10匹近い珍しい種類のワンちゃんもうろちょろ・・・・撮影参加。
お犬様たちより分の悪いわたしでした。
朝から夕方までLaduree店内はお急がし♪来るわ来るわ~日本人観光客!
日本人観光客に人気のあるのはマカロン・・・・よりも手提げバッグぅ~。またもや手提げ。
DSCF0344_convert_20090226045646.jpg 
どんどん売れていく!!!どうしてこんなに売れるの????ってぐらい!!
そうなんですね。パリのLadureeといえば
日本人観光客の必見場所だって納得の一日でした。