装うということ・・・・・

カルトナージュやアバジュールで一番大切なことは
精密な製図と正確で乱れのないカッティング、組み立てだと
ということは不変の法則だと思っています。
だからこそ表装が楽しく、心躍るものであるわけです。
シンプルな形ですが装いも個々のこだわりで
どのようにでも仕立てられます。
オランダのレッスンに参加してくださる方の作品です。
彼女はヨーロッパ中をアンティーク市があるところには
まめに出かけているらしい・・・・・うわさ。
そんな彼女はアンテークレースに真鍮のお花のモチーフを
装い、オリジナルに仕上げました。
IMG_0474.jpg
P1000139.jpg
アバジュールもついでに同じ生地で作成、
ガロンの色や大きさをこだわってみました。
どちらも基本的な形ですが装いのセンスで
素晴らしく上品に仕上がりました。