東北の大地震のほんの数日前まで集中レッスンにお越しくださった
北海道札幌でアトリエ主宰していらっしゃるcocoanさん。
もし数日帰国日が遅かったら・・・・
とっても不安な日々を過ごすことになったのでは?
cocoanさんはカルトナージュの集中レッスンを終え、
日本ご帰国後は小さなお子様達と約束の浦安のディズニーランドに
行くご計画だったのですが今回は果たせずに
日々の生活に戻られたようです。
ご本人曰く、《蚤の心臓》なのだそうで私のスパルタぶりに凹んだり、
パリの地下鉄は怖くて一人では乗れなかったりと次回の課題を
残し?お帰りになられましたが収穫も沢山あったようです。
なかなか札幌辺りでは満足する紙がないということで
紙でのカルトナージュを楽しんでいただきました。
まずは、私の資材調達の場であるヴェルサイユのLA TEIERE DE BOISに
ご一緒し、数百種類の紙、紙、紙に翻弄~。
数多くのカルトナージュ作品を製作していらっしゃる
ONCLE POLことJEAN-PAULは親日家でもありやさしいおじちゃんです。
私はLA TEIERE DE BOISの扱うカルトン、糊を強く推奨いたします!!
新しい紙や製品の入荷があると見本帳を作ってくれます。
P1000262.jpg
COCOANさんにも最近入荷してきた新素材で
レッスンに挑んでいただきました。
P1000261.jpgP1000286.jpg
札幌で幅広くご活躍されるよう応援いたします!
素敵な色使い、生活に密着したアイディアは
私も勉強になります。
cocoanさんのブログ・HPはこちらからご覧ください。