予想外に広がっていく被害に驚愕しながら時間を惜しんで
画像を窺がっている毎日です。
フランスでも地震後はケーブルテレビの一つのチャンネルでは
他国の災害にもかかわらず、1日中情報を流してくれています。
時には在日フランス人がskypeを利用してインタビューに応答したり・・。
幸いにも関東に住む親族は皆無事が確認できましたが
渋谷区在住のいとこ宅内は食器類、テレビ等がひっくり返り
少々の物的被害はあったものの・・・・問題のない範囲だったようです。
地震には慣れているはずのいとこも今回ばかりは怖かったらしい。
こちらフランスでは普段、挨拶程度の近所の人々から
「あんたんちの家族は大丈夫だったか?!」と声を掛けられたり、
わざわざ家まで来てくれたり・・・。
子供たちも同様、学校ではそれぞれ声を掛けられたり、メールをもらったり
と心配してくれる人々がいる。
息子は地震の翌日早朝からの高校生の柔道全国大会に参加したのですが
普段はだらだらと始まる試合前に1分間の黙祷をささげたと
事の重大さに更に驚いたらしい。
私には仙台を中心にカルトナージュとプリブザーブドフラワーのアトリエを
主宰している仲間がいます。
毎年のようにパリにお花とカルトナージュのレッスンにいらっしゃっていて、
今年も5月末にお越しになる予定になっており、つい数日前にも来仏を
楽しみにしているというメールと頂いたばかりでした。
きっとご無事だろうと信じておりますが、携帯にコンタクトを試みて
いるのですがまだ群がってくれない・・・。
彼女のお住まいは津波で被害のあった地区あたりなのが気がかり・・・
他にもカルトナージュのレッスンに来てくださった方々もいらっしゃいます。
皆様のご親族、ご友人方がご無事でありますよう、ささやかでありますが
お祈りいたします。